画像補整
 なんとなく暗い原寸写真を綺麗にする方法です。
 大体リサイズとこれをセットにして加工するのがベターです。
 作業サイズは大きいほうがいいですが、
 ここでは表示の都合上400pxにしています。
 大きい状態で補正して縮小したほうが綺麗になるからです。
 おすすめは100%の状態で全体が見える程度です。
 表示を縮小して作業をすると、細かい部分がわからないので、
 修正する時は100%にするほうがいいです。
 半分から左が修正後、右が修正前です。

 

 まずはボタン一つでできる加工からいきます。
 イメージ→自動レベル補正を選びます(Ctrl+Shift+L)

 

 一瞬で画像が綺麗になりました。
 自動なので限度がありますが、これだけでもかなり違います。
 まずこれをやってあとの微修正を手動、というのも便利でしょう。
 自分でこの補正をしたい場合は、その上、イメージ→レベル補正です(Ctrl+L)

 

 なんだかごちゃっと出てきましたが、適当に△を動かしてください。
 左に動かすほど明るくなります。
 基本的に波が変化する前まで持っていくと、いい感じになります。
 一番左はあまり動かさず、
 一番右をよく動かして、真中あたりのを少し……くらいが私のベストです。
 ただし撮影状況によってこの数値は変わります。

 

 プレビューが出るので見つつやれるのがいいところでしょうか。
 手動でやるほうが自分のイメージには近くできます。
 最初はとっつきにくいですが、慣れると結構簡単です。
 △の動かしかたで、逆に思い切りコントラストの激しい画像などにも加工できます。

 トーンカーブでもできますが、私は使っていないので省きます。
 もし愛用しているかたがいましたら教えてください。

 

 似たものにイメージ→明るさ・コントラストがあります。
 これは数値が二つしかないので楽です。
 どれもそうですが、プレビューonにしてやればわかりやすいです。

 

 右にするほど明るさとコントラストが強くなります。
 個人的にはコントラストは明るさのマイナス10程度かなと思いますが、
 このあたりはお好みになります。
 数値をわざと上げて効果を狙うのも面白いです。

 

 明るさ30、コントラスト20にしてみました。
 使ってみて自分のやりやすいものを使うといいかなと思います。