色調転換
 モノクロやセピアやはたまたネガポジ状態……など。
 簡単にできるので覚えておくと便利です。

 

 まずはモノクロにしてみました(Ctrl+G or カラー→グレースケール変換)

 

 その隣を押せばセピアです(カラー→セピア色変換)

 

 写真のネガのような色調も簡単です(Shifh+Ctrl+N or カラー→ネガポジ変換)

 他には「RGBの度合い」「HSVカラー調整」「RGB交換」「XORカラー変換」があります。
 この説明は省きます、色調転換には違いないですが、
 私自身があまり使っていないので……

 そのかわり、単色トーンにする方法をご紹介します。
 ボタン一つでできるのはモノクロとセピアだけです。
 他のを使っても、単色トーンにはなりません。
 が、ちょっと一手間かければそれも可能です。

 まず、画像をモノクロかセピアにします。
 どちらにするかによって多少感じが変わるので、お好みで。

 

 RGBの度合いを選んで数値を変えます(カラー→RGBの度合い)
 右にすればするほどその色味が強くなります。
 ただし、すべて右にすると白く薄くなります。

 

 左がモノクロで赤色60、右がセピアで赤色60です。
 基本はモノクロでやるほうがいいかと思います。

 

 セピアの場合は「HSVカラー調整」でもできます(カラー→HSVカラー調整)
 モノクロの場合はできません。

 

 色相60のみ設置しました。

 また、RGB交換を選ぶと簡単に変化しますが、
 それはあくまで現在の色から変化させるだけで、種類は2つしかありません。
 自分で変えたいのなら、どちらかを使うのがおすすめです。