保存形式
 保存形式にも色々ありますので、その紹介です。
 名前の隣にある画像が、その形式で保存したものです。

[bmp]

 ウインドウズの標準装備というかな形式です。
 画像は綺麗ですが、Macには対応していないことが多いです。
 webでは写らない場合もあります。
 画像を加工している時には役立ちます。

[jpeg、jpg]

 デジカメやぼかしの多いイラストなどに使われます。
 新品ぴかぴかの毛布は高いですが、使われて薄汚れた中古毛布は安くなる。
 比喩がちょっとなんですがそういう感じの保存形式です。
 綺麗なままだとファイル容量が重たくなるので、
 全体的にちょっと劣化させて軽くしよう、というものになります。

 大体jpg保存を選ぶと、劣化具合を聞かれます。
 半分以上落とすと劣化が目立つことが多いです。
 綺麗にしたければ70、軽さ重視なら50程度がおすすめです。

[gif」

 ドットイラストなどにむく形式です。
 こちらは、絵の情報を読みとって、最大256色におきかえます。
 つまり、1000色使っていたら、似ている色を一緒にして、
 無理矢理256色にまでしてしまいます。
 ……なので、使っている色の少ない画像にはむきますが、
 背景つきで大きな画像や写真にやると凄いことになります。
 また、アニメーションをさせることができる形式でもあります。

[png]

 gifのように256色まで落とすことができます。
 しないままだと重たいです。
 最近は大分どんな環境でも見られますが、
 jpg、gifに比べるとやや使えない場合が多いです。

 これ以外のものは、大体そのソフト専用の保存形式です。
 互換性のあるものもありますが、大体そのソフトでしか使えず、
 一般に見られるようにするにはjpg、gif、pngにする必要があります。

 下は上の画像を引き延ばしたものです。
 細部に形式ごと違いがあるのがわかるかと思います。

 gif

 jpg

 png