フィギュア・ドール・小物の撮影
 これらは基本的に接写(マクロ)撮影になります。
 その時のコツですが、まずフラッシュは原則禁止です。
 なぜなら、前のページにもありますが、フラッシュは光沢のあるものを反射します。
 そのため、フィギュアなどの表面が異様に光ってしまうことがほとんどです。
 意図的に効果を出したい時以外は、フラッシュは切ったほうが無難です。

 相手は動きませんので、セッティングには存分に時間をかけましょう。
 うまく固定できない時は、テープなどでちょっととめるのもテです。

 基本的に室内撮影になると思いますが、
 普通の灯りに加えて、スタンドライトを用意するとベストです。
 これをつけてやると、ぐっと仕上がりが変わってきます。
 家庭用の普通ので大丈夫なので、好きな光源になるよう置いておきましょう。

 ドールアイの場合は、スタンドライトは絶対に必要です。
 目の部分に当たるように調節しましょう。
 すると、目がイキイキと輝いてきます。
 ……やりすぎるとちょっと恐くなるので注意ですが。

 また、ディフューザーというのをつけるといいらしいですが、私はやっていません。
 むき出しの電球でなければゴミ袋(半透明のもの)をかぶせるのがはやいそうです。

 準備ができたらいよいよ撮影……ですが、接写の敵は手ブレです。
 小物などを撮る時は、いっそカメラをどこかに置いてしまいましょう。
 適当なものを積み重ねて高さをつくれば、大体なんとかなります。
 卓上用の三脚もありますが、値段はそこそこしますので買うかどうかは個人次第ですね。
 あらかじめ撮影する高さでの見えかたを確認して、いい位置になるようにセットします。

 でもシャッターを押す時にぶれてしまっては困るので、タイマーを有効活用しましょう。
 これで手ブレする確率はほぼゼロになります。