屋内外、接写
 基本的には素人なので、特にこれと言ったコツはありません。
 私が撮っている時はこんなですよ……くらいの。

【 屋外 】
 外の場合、基本的にはいい景色だなと思ったら撮る……でいいと思います。
 ピントを合わせることは勿論大切ですが。
 空など焦点が定めにくいものの場合は、ピントなしで撮ることもあるでしょうし、
 いったん建物にピントを合わせ、その状態のまま空へカメラをむける方法もあります。

 太陽光線を直に見ると危険ですので、サングラスなり、
 液晶画面で確認するなりしたほうがいいと思います。

【 屋内 】
 室内の場合は、なるべく日のあたる場所をおすすめします。
 やはり晴れた日のほうがいいでしょう。
 暗い時は灯りをつけるのをお忘れなく。
 基本的に撮りかたはあまり変わりません。

【 接写 】
 次は近づいて撮る、接写の方法です。
 携帯にも最近はついています、チューリップのマークですね。
 カメラによってはMACRO、マクロと書かれている場合もあります。

 ともあれモードをそれに切りかえ、あとは屋内外の撮りかたと同じです。
 ただし機種によって接写の距離があります。
 短いものだと0cm、遠いと20cmと、かなりの差があるので、
 自分の機種の接写距離は調べておくことをおすすめします。

【 フラッシュ 】
 捕捉でフラッシュについてですが。
 天気がよければフラッシュはなくて大丈夫です。
 オートにしていると晴れの時は大体焚きませんが。
 曇りや雨の日はたいてもいいですが、好みによるのでたいた版とそのままと、
 二枚とっておくのもいいかもしれません。

 フラッシュを焚くと、目などの光沢のあるものが光ったり、変色することがあります。
 俗に赤目と言われるものですね。
 自動補正してくれるデジカメもありますので、調べることをおすすめします。
 また、レタッチソフトで修正する手段もありますが、
 これも自分で撮ってみて、体感してみるのが一番かと思います。
 ちなみに私は基本的にフラッシュは使いません。

【 保存サイズ 】
 携帯でもデジカメでも、保存する時の状態を設定できます。
 圧縮度とか解像度とか色々ありますが、なるべく高くよい状態がいいです。
 ただしそうすると、ファイルの大きさも巨大になりますので、
 自分のメモリーカードの状態とあわせて決めるといいと思います。
 私の場合解像度、つまり写真の大きさは最大、圧縮率は高品質です。